nico

リラックスする呼吸法☆

こんにちは ヨガ・ジャズダンスインストラクター nico です。

更年期症状は女性ホルモンの低下による症状と、それによっておこる自律神経の乱れのダブルパンチで、心と身体にさまざまな症状が起こります。

眠れない・イライラ・不安感・頭がボーっとする・集中力が発揮できない など

この自律神経の乱れを自分でコントロールできるのが 呼吸 です。

背筋を伸ばした座位姿勢 ヨガの位置に座っている2人の女性

★彼女たちのように背を伸ばした状態で座ります。椅子に座った状態でも構いません。背中が丸くなると呼吸が浅くなるので背を伸ばした方がよいですね。

手の位置は肩に力が入らず安定していれば大丈夫です。呼吸を手で感じたい方はお腹や胸に手を当ててもよいでしょう。

最初は浅い呼吸でよいので、吸う息と吐く息を感じてください。吸う息は鼻から、吐く息は鼻からでも口からでもOK

★呼吸を感じれたら、4カウントで吸う、8カウントで吐く                                                   (秒数ではなくてあなたの数える速度でOK)

吸う息:吐く息 = 1:2 

細く長く吐くことによって、自律神経の副交感神経が優位に働いて、高ぶっていた眠れない、イライラ・不安感などが少しずつ落ち着いてきます

疲れたときにため息をついたり、深呼吸するのも、自発的に呼吸を整えているんですね。意識して行うとさらに効果的です。

知ってるだけでなく、ぜひ試してみてくださいね!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。 感謝♡

blog前のページ

【ヨガ八支則:アヒムサ】~自分自身を大切にすること~次のページ空に浮かぶハート

ピックアップ記事

  1. オールYES‼️
  2. 妊娠出産にも効果的なピラティス。~妊娠編~
  3. ✨メンタルUPの魔法の裏ワザ✨
  4. 身体を動かすことは大事
  5. タイの伝統療法なんです

関連記事

  1. nico

    やさしいリズムダンス☆レッスン

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!スポー…

  2. nico

    新しい習慣の判断基準

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!テレビ…

  3. nico

    水をこまめに飲むコツPart2

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!ヘルス…

  4. nico

    卒業と入学という節目

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!ヨガ・…

  5. nico

    40代の歯科受診

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!       …

  6. nico

    更年期には終わりがある

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!ヨガイ…

nico(おの ときえ) 先生 プロフィール

nico(おの ときえ)

20代の頃は、元宝塚歌劇団 名鶴ひとみに師事し、ジャズダンスが好きで舞台で踊ることに夢中でした。その後、理学療法士の資格をとり、老人施設にてリハビリやケアマネージャーとして15年勤めました。理学療法士としてオーストラリアへ介護研修に行った際に、年を重ねてもいろんなことに興味を持ち、挑戦して楽しむこと、そして個人を尊重した介護の考え方に感動したのを覚えています。 理学療法士として高齢者を中心に多くの方と関わっているから、年を重ねると弱くなりやすい体の状態が分かります。また、今まで出来ていたことができなくなる不安な気持ちは、誰でも一度は感じたことがあるはずです。不安な気持ちを共有しながら、今できることに目を向けてヨガやダンスを行っていきます。 私がヨガインストラクターになったきっかけは、ダンスも好きですが、年を重ねてもゆったりできるものはないかなと思ったことと、単純ですが習っていた先生の声や誘導が好きで、私もヨガを学んで先生みたいになりたいと思ったのです。 ヨガやダンスを通して、ご自分の身体に向き合いながら、身体を動かす楽しい気持ちを大切に、一人ひとりが健康に自分らしく年を重ねられるようにお手伝いさせて頂きます。

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし

最近の記事

広告エリア

  1. yu-ki1

    食事
  2. yu-ki1

    日々の練習
  3. aki3

    初めまして。
  4. nico

    大事なお口のケア☆Part1
  5. yumi

    初めまして!
PAGE TOP