nico

エクオール検査(ソイチェック)②

更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!                                        ヨガインストラクター・更年期ナビゲーター nico(おの ときえ)です。

エクオール検査ってなんですか?という方は “エクオール検査①”をチェックしてくださいね。

エクオール検査の結果

エクオール検査 ソイチェック 検査結果

こちらは2017年の私の結果です。見にくいので説明しますと、エクオールが作れていない人56%(レベル1・2)、エクオールが作れている人44%(レベル3・4・5)とあって、私はレベル4という結果です。

普段から大豆製品を食べている人でも、腸の中でエクオールが作れない人もいるので、そういう方はサプリメントを飲みます。

私はエクオールが作れているから更年期も大丈夫だし、骨や血管も丈夫なはず?と呑気に思っていました。しかし、ここで安心してはいけない。

骨密度検査

超音波法:測定装置に足を乗せて、かかとの骨である「踵骨(しょうこつ)の骨密度」を測定するもの

DXA法:2種類の異なるエネルギーのX線を照射し、骨と軟部組織との吸収率の差により骨密度を測定する方法。 測定部位としては腰椎と股関節の2か所で測定すると最も的確に全身の骨密度を反映することがわかっています(骨粗鬆症ガイドライン2015:日本骨粗鬆症学会より)

他にも測定方法はありますが、私が経験したのはこの2種類、かかとの検査で年齢よりも良好だったのに、DXA法(腰と股関節のレントゲン検査)では年齢以下の結果でした。

エクオールについて

エクオールが腸内でつくられるかどうかは、これまでに大豆製品を食べてきたかにも大きな影響があります。また、エクオールが作れる人は、日本女性の2人に1人と意外に少ないです。

私の体験からは、エクオール検査でエクオールが作られることが分かっても、大豆製品を取り続けたり、食生活や生活習慣の見直しが必要だと感じました。

またエクオールが腸内で作られないと結果が出た人でも、数年たって食生活や生活習慣の改善によって作られるようになった人もいるようです。

エクオールには、骨粗鬆症の予防と改善、メタボリック症候群の予防、皮膚や血管の健康を保ったり、更年期症状の緩和、乳がんの抑制なども期待できると言われています。

検査結果に一喜一憂せずに、一つ一つ対処していきましょう。私も日々、模索しながら進んでいます。

優先順位間違ってませんか?前のページ

呼吸を深めるーアロマ×ピラティスでより良い身体次のページアロマの写真

ピックアップ記事

  1. タイの伝統療法なんです
  2. 新型コロナウィルスによる   レッスン中の感染対策について
  3. ✨メンタルUPの魔法の裏ワザ✨
  4. 身体を動かすことは大事
  5. KARADA harmony に込めた想い

関連記事

  1. nico

    40代から気にかけておくことPart2

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!Par…

  2. nico

    更年期には終わりがある

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!ヨガイ…

  3. nico

    更年期の自己チェックをしてみましょう

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!1日の…

  4. nico

    重だるい梅雨の時期

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!梅雨の…

  5. nico

    マインドセット

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!只今、…

  6. nico

    卒業と入学という節目

    更年期・シニア世代を “nico”  笑顔で過ごそう!ヨガ・…

nico(おの ときえ) 先生 プロフィール

nico(おの ときえ)

20代の頃は、元宝塚歌劇団 名鶴ひとみに師事し、ジャズダンスが好きで舞台で踊ることに夢中でした。その後、理学療法士の資格をとり、老人施設にてリハビリやケアマネージャーとして15年勤めました。理学療法士としてオーストラリアへ介護研修に行った際に、年を重ねてもいろんなことに興味を持ち、挑戦して楽しむこと、そして個人を尊重した介護の考え方に感動したのを覚えています。 理学療法士として高齢者を中心に多くの方と関わっているから、年を重ねると弱くなりやすい体の状態が分かります。また、今まで出来ていたことができなくなる不安な気持ちは、誰でも一度は感じたことがあるはずです。不安な気持ちを共有しながら、今できることに目を向けてヨガやダンスを行っていきます。 私がヨガインストラクターになったきっかけは、ダンスも好きですが、年を重ねてもゆったりできるものはないかなと思ったことと、単純ですが習っていた先生の声や誘導が好きで、私もヨガを学んで先生みたいになりたいと思ったのです。 ヨガやダンスを通して、ご自分の身体に向き合いながら、身体を動かす楽しい気持ちを大切に、一人ひとりが健康に自分らしく年を重ねられるようにお手伝いさせて頂きます。

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし

最近の記事

広告エリア

  1. aya

    初めまして。
  2. tomo

    どこが違うの?紛らわしいポーズシリーズ2
  3. Kumie

    キャット&カウのコツ
  4. ピラティスリングとストレッチポールを用いたプロフィール写真

    yukari0

    初めまして!
  5. オーツ麦

    mayu

    【体にいいもの】栄養たっぷりのオーツ麦
PAGE TOP