koichishimada

雨が降ると関節などが痛い

皆さんこんにちは!
ボディメイクプランナーの島田です。

日中は暖かいのに、朝晩はまだ少しひんやりとする日々が続いていますが、
体調は崩していませんか?

今日は、以前クライアントさんから相談があった、
「雨が降ると関節が痛い」ということに関して、解説していきます。

肩や腰が痛む女性

関節の痛みと天気は
関係している?!

以前いたクライアントさんの中に、
多少腰痛があるんだけど、雨が降った日は特に腰痛がひどくなる
という方がいらっしゃいました。

普段はデスクワークをされていて、仕事中は座りっぱなしの状態が続くので、
どうしても腰に負担がかかるのはわかっているが、
普段と変わらず仕事をしていても、なぜか雨の日は腰痛がひどいとのことで、
私のところに相談にいらっしゃいました。

皆さんの中にも、こんな経験がある人がいらっしゃるのではないでしょうか?

では、なぜ雨が降ると腰痛がひどくなってしまうんでしょうか?!

腰痛がひどくなる原因は
低気圧

この方に限らず、雨の日に限って痛みがひどくなるということの原因は、
実は低気圧が関係しています。

人間の身体は、なかなか意識することはありませんが、
常に空気の圧力を受けています。

この圧力によって人間の身体がつぶれないのは、
同じ力で身体の内側から押し返しているからです。

1の空気の圧力で押されているとすれば、
同じ1の力で身体の内側から押し返していることになります。

しかし雨が降っている日などは、ほとんどの場合、
低気圧がやってきます。

天気予報などで、
「明日は南から低気圧がやってくるため、終日雨となるでしょう。」
なんてのを聞いたりしますよね。

そうすると、普段1の空気の圧力で押していたものが、
0.9とか0.8とかになったりします。

しかし人間の身体の内側の圧力は、そんな簡単には変わらないので、
1の力で押し返し続けます。

当然身体の内側から押し返している力の方が強くなるのですが、
人間の身体が破裂してしまっては一大事なので、
皮膚は破れずにそのままです。
そうすると力の逃げ場がどこにもなく、人間の身体の内部にある、
骨や筋肉、内臓などに普段以上に(勝手に)圧力がかかってしまうのです。

すると、元々痛めている部分は何かしら炎症などがおきていることが多く、
その部分がいつも以上に痛く感じてしまうのです。

富士山にお菓子の袋を持っていくことをイメージすると
わかりやすい

身体の外部と内部の圧力の差が生じやすいことは、
富士山にポテトチップスなどのお菓子を持っていくことをイメージするとわかりやすいです。

山の下の方で買ったお菓子の袋は、
山頂に近づくにつれて、どんどん膨らんでいきます。

これは標高が上がるにつれて、空気が薄くなっていくことで、
気圧が下がっていくからです。

しかし密閉されたお菓子の袋の内部の圧力は変わらないので、
お菓子の袋はどんどん膨らんでいきます。

これが人間の身体でもおこっているのです。

人間の身体は、お菓子の袋のように膨らんだりはしません。
(多少は膨らんだりしますが・・・)
しかしお菓子の袋と同様の圧力差は生まれています。
その、本来なら外に向かっているはずの力の分だけ、
人間の身体の内部のどこかを押しているのです。

急性的であれ慢性的であれ、怪我をしている部分を
ずっと押され続けながら動かせば、当然痛いです。

これが、「雨が降ると関節などが痛む」ことのメカニズムです。

古傷が痛む場合は注意が必要

同じようなことですが、
「雨が降ると古傷が痛む」も、メカニズムは同じです。

但し、普段は痛まない分だけ注意をしなければいけない可能性があります。

と言うのも、気圧が下がると痛むということは、
完全に怪我が治りきってはいないと可能性があるからです。

そして、普段はもしかしたら痛みに慣れてしまっていて、
知らず知らずのうちに悪化させてしまっていたり、
今はある程度強い筋力でカバーできていても、
年齢を重ねていくうちに筋力が衰え、痛みが出てくることもあります。

その時に、実は以前より怪我の状態が悪化していた、なんてことにもなりかねません。

もし、「雨の日だけ痛みが出る」箇所がある場合は、
早めに対処しておくのがいいかもしれませんね。

初めまして前のページ

チャクラ*レインボーウィーク♬♬♬2日目次のページ

ピックアップ記事

  1. マッサージ系
  2. 🌼咲くべき土で花開く🌼
  3. 自己紹介
  4. 劇的ビフォーアフター
  5. ヨガとアロマと耳ツボと*副腎編

関連記事

  1. koichishimada

    トレーニングの種類

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。トレー…

  2. koichishimada

    ローマは一日にして成らず

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。自己紹…

  3. koichishimada

    ブログスタート

    皆さん初めまして。ボディメイクプランナーの島田です。ひょんな…

  4. koichishimada

    トレーナーをやる理由

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。昨日の…

  5. koichishimada

    ダイエットの敵

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。暖かくな…

  6. koichishimada

    二の腕はなぜ引き締まらない?!(前編)

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。&nbsp…

島田皓一 先生 プロフィール

島田皓一

全ての人の“真の健康”をサポートする、ボディメイクプランナー島田皓一です。   4歳から体操を始め、全国5位の入賞経験もある現役の体操選手。 現在、選手活動を続けながら、トレーナーとして運動指導やジムも運営。 トレーナー歴は18年、グループレッスンとパーソナルレッスンで延べ200名を超える方をサポート。 体操選手ならではの身体の使い方を活かしたストレッチやトレーニングで、ボディメイクや腰痛・肩こりなどの不調改善・予防プログラムを行っている。 また、行政からの事業を一部受託し健康教室のインストラクターも務めている。     現役生活30年を迎え、小学生・中学生・高校生・社会人、全ての年代で全国大会の出場を経験するなど健康そうに見える私ですが、実は7回の手術を経験しています。 命が危ないと言われた時もあり、家族にもとても心配をかけてしまいました。 肉体的にも精神的にも辛い状況でしたが、大変な手術とリハビリを乗り越えて、今も現役生活を続けることができています。   私がこうした苦難を経験して思ったことは“自分の健康を維持することの大切さ”です。 病気やけがを繰り返してきたからこそ、こんな辛い思いをする人を一人でも減らしたいと思い、トレーナーの仕事を始めました。   けがや病気、身体の不調は誰にでも起こりうる、日常に潜んでいるリスクです。 例えば ・こどもにいいところを見せようと運動会で張り切って肉離れ ・ちょっとした段差につまずき骨折 ・慣れないヒールで足をくじく 特に年齢を重ねるごとにそのリスクは大きくなってしまいます。   トラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起きない健康な身体作りをしませんか? 日頃から身体を整えておくことは、今の健康状態を作り出すことはもちろん、将来の健康を作ることにもつながります。 そして、自分の健康を維持することは、家族や周りの大切な人たちの安心もつくります!   自分の健康と大切な人の笑顔を守るために一緒に身体を動かしましょう!

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし

最近の記事

広告エリア

  1. mayu

    【キャット&カウ】自律神経を整える
  2. erina

    えりな Profile
  3. maiko

    ダイエットに今まで投資した金額は?
  4. tomo

    ヨガで小顔!
  5. koichishimada

    集中力を高める
PAGE TOP