koichishimada

防げるケガはある

皆さんこんにちは!
ボディメイクプランナーの島田です。

突然ですが、私、やらかしました。

何のこっちゃ?!って思うのが当然です(笑)

実は私、これまでに7回も手術を受けています。

その中でも、これは防げたよな~って思うものがいくつかありますので、
今回は、その一つをご紹介します。

あなどってはいけない〇〇

私は直近で、2018年(今から3年前)の12月に、
足首を手術しています。

原因はその3ヶ月前の体操の試合中に捻挫(&足首脱臼)をし、
足首の外側の靭帯を2本断裂してしまったからです。

自分も周りもドン引きするぐらいパンパンに足首がはれ上がってしまい、
怪我した直後は、自力では立ち上がれないほどでした。

何とか応急処置をし、落ち着いてから救急で病院へ。

骨が折れていなかったのは幸いでしたが、その後詳しい検査をすると、
靭帯は完全に断裂。

靭帯というのは切れていても、実はそんなに痛むことはありません。
(切った直後は痛いんですが)
関節が緩くなってしまい、骨同士が当たることで痛むのですが、
靭帯に神経がないため、腫れなどが治まれば、
普通に歩けますし、日常生活にもそれほど支障はないのです。

ただ、関節が緩くなってしまうと、スポーツをやるには大きく支障が出ますし、
走っているときなどでも不安定さが出てしまい、
また捻挫をしやすくなったりしてしまうので、手術をすることを決めました。

昔は(今でも?)、「足挫いちゃった~。」と軽く受け止めている人が多かった捻挫ですが、
あなどっているとこのように大きな怪我にもつながってしまいます。

ただ、もしかすると、私はこのケガ&手術は防げたかもしれません・・・。

予防を怠ると・・・

実はこの手術をする4年前、同じように足首を捻挫していました。
というか、捻挫は昔から何度もしており、
捻挫自体も、体操選手にとってはそんなに珍しいケガではありません。

ただ手術の4年前にやったこの捻挫は、今までのそれとは明らかに違い、
足首が亜脱臼(脱臼しかかること)するほどで、
痛みも以前とは比べ物にならないほどでした。

病院で精密検査をしたところ、
足首の一番外側の靭帯を半断裂してしまっていました。

完全に治すのであれば手術しか方法がないのですが、
これまで6回手術をしてきているので、できれば手術をしたくなかった私は、
この時は手術をせず、痛み止めの薬をもらうだけにしておきました。

私がやらかしたのは、この後!

足首の靭帯を半断裂しているとわかっていながら、
特に何もせず
体操をし続けてしまっていたのです。

テーピングなどで足首を固定したり、
足首周りの筋力トレーニングをして安定させたりといった、
できる予防措置はいくらでもあるのに、

「テーピングすると脚の感覚変わるしな・・・」
「今は他の部分の筋トレしたいな・・・」

と、悪化や別の怪我の予防を怠ったり、
目の前の別の場所の筋力を伸ばすことに注力してしまったり、
そんなことを怠ったために起きたケガなのかもしれません。

アスリートじゃなくても同じようなことはある

このブログを読んでいる人の中には

「アスリートレベルになるとそんなんあるんだ~」

と思う人もいるかもしれません。

でも、レベルは違えど、アスリートじゃなくても
同じようなことはあります。

例えば、
高齢になって膝が痛い等で歩けなくなる人の8割の原因は、若いころの捻挫だったり、
四十肩や五十肩を放置してしまった結果、腕が肩の高さ以上にあがらなくなってしまったり、
数え上げれば枚挙にいとまがありません。

身体が悲鳴を上げるその前に、
まだ軽傷で済んでいるうちに、
少しずつでもいいから、治療をしたり予防をしたりしておかないと、
私のように大事になってしまいます。

私は足首の手術をした後、完治させるまでに2年の月日を要しました。

特に最初の1年間は、とてもきついリハビリと、
本当に治るのだろうか?という不安に押し潰されそうになり、
一時は本気で引退を考えたほどでした。

あんな思いは2度としたくありませんし、
誰にも味わってほしくはないです。

身体の不調のせいで、好きな事や楽しみにしていることを
我慢しなければいけない人が1人でも減るよう、
予防の為の運動やトレーニングをしていただければと思います。

初めまして前のページ

体重計には乗りません。次のページ

ピックアップ記事

  1. タイの伝統療法なんです
  2. 夏バテ解消に効く運動に呼吸法がオススメです!
  3. 『弱さも受け入れてあげよう』
  4. 開脚180度はスゴくない!
  5. ゴルフの所にいるヨガの人

関連記事

  1. koichishimada

    ローマは一日にして成らず

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。自己紹…

  2. koichishimada

    自己紹介2

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。ヨガマ…

  3. koichishimada

    ブログスタート

    皆さん初めまして。ボディメイクプランナーの島田です。ひょんな…

  4. koichishimada

    体幹筋トレレッスンの様子

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。昨日は…

  5. koichishimada

    背中を鍛えろ

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。まだ1…

島田皓一 先生 プロフィール

島田皓一

全ての人の“真の健康”をサポートする、ボディメイクプランナー島田皓一です。 4歳から体操を始め、全国5位の入賞経験もある現役の体操選手。 現在、選手活動を続けながら、トレーナーとして運動指導やジムも運営。 トレーナー歴は18年、グループレッスンとパーソナルレッスンで延べ200名を超える方をサポート。 体操選手ならではの身体の使い方を活かしたストレッチやトレーニングで、ボディメイクや腰痛・肩こりなどの不調改善・予防プログラムを行っている。 また、行政からの事業を一部受託し健康教室のインストラクターも務めている。 現役生活30年を迎え、小学生・中学生・高校生・社会人、全ての年代で全国大会の出場を経験するなど健康そうに見える私ですが、実は7回の手術を経験しています。 命が危ないと言われた時もあり、家族にもとても心配をかけてしまいました。 肉体的にも精神的にも辛い状況でしたが、大変な手術とリハビリを乗り越えて、今も現役生活を続けることができています。 私がこうした苦難を経験して思ったことは“自分の健康を維持することの大切さ”です。 病気やけがを繰り返してきたからこそ、こんな辛い思いをする人を一人でも減らしたいと思い、トレーナーの仕事を始めました。 けがや病気、身体の不調は誰にでも起こりうる、日常に潜んでいるリスクです。 例えば ・こどもにいいところを見せようと運動会で張り切って肉離れ ・ちょっとした段差につまずき骨折 ・慣れないヒールで足をくじく 特に年齢を重ねるごとにそのリスクは大きくなってしまいます。 トラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起きない健康な身体作りをしませんか? 日頃から身体を整えておくことは、今の健康状態を作り出すことはもちろん、将来の健康を作ることにもつながります。 そして、自分の健康を維持することは、家族や周りの大切な人たちの安心もつくります! 自分の健康と大切な人の笑顔を守るために一緒に身体を動かしましょう!

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし

最近の記事

広告エリア

  1. momo

    初めまして!
  2. maiko

    ダイエットに今まで投資した金額は?
  3. Kumie

    ダイエット難民だった過去の私。
  4. ピラティスのポーズをとった女性達

    yukari0

    ピラティスの効果!
  5. maya

    初めまして!
PAGE TOP