koichishimada

衰えるのは筋肉だけではない

皆さんこんにちは!
ボディメイクプランナーの島田です。

最近は6月に運動会を行っている小学校があるそうです。
今時はこの時期に行うところもあるんですね。

私が小学生の時は、そりゃあ体育の日前後に行うのが恒例でした。

しかし、今時は、10月初旬でもまだまだ暑い。
最近の夏は以前にも増して暑くなってますから、熱中症にかかる子供が増えているそうで、
その影響で、少しでも涼しい時期にやってしまおうということらしいです。

ただ、このそんな時に増えるのが、

”父親の怪我”

子供の前で、いいところを見せてあげようと張り切るんでしょう。
普段はあまり運動していないのに、なぜかここぞとばかりに頑張った結果、
リレーで足がもつれて大胆な転倒をしたり、
肉離れを起こしてしまったり、
最悪のケースではアキレス腱を切ったなんて話も聞きます。

確かに、運動会で活躍してくれる父親は、子供にとってはヒーローですし、
父親が徒競走でトップにでもなってくれれば、子供はクラスの中でも鼻高々です。

ただ、怪我をしてしまうと評判はダダ下がり!!
子供も、活躍してほしいとは思っていますが、怪我をしてほしいとは思っていません!

なぜこんなことが起こってしまうのか?
確かに歳を取って、脚は昔に比べれば遅くなったけど、それは周りも同じ。
それなのに、なぜ自分だけ怪我をしてしまうのか?

今日はそんな疑問にお応えします。

筋力は想像以上に衰えている!!

年齢を重ねれば重ねていくほど、一般的には筋肉はつきにくくなると
言われています。

これは恐らく多くの人が、何とな~くは実感されていることかと思います。

しかし筋肉が落ちていくスピードは、昔とあまり変わらない。

でも多くの人が、自分がそれほど衰えているとは気が付いていません。
毎日の筋肉量の変化はごく微量。
この変化に気が付ける人はほぼいませんし、日常生活でそんなに意識することはありません。

でもこれが、数ヶ月・数年単位になると大きな差です。
塵も積もれば山となるです。

ただ、気持ちはそんなに衰えているつもりがないのが厄介なところ。

よって、自分の感覚(気持ちや願望が入る人がいますが)では
「若い頃に比べれば衰えているけど、まぁこれぐらいだろうな・・・」
と思っていても、
実際には全然身体がついていかない。

気持ちと現実のギャップはどうしても大きくなります。

運動会前とかには、一度ジムなどに行って、
自分の筋肉量や筋力を調べてみたほうがいいでしょう。

衰えているのは筋力だけではない!?

歳をとって衰えるのは筋力だけではありません。

それ以上に衰えやすいのは、”筋反応

筋反応とは、脳から筋肉に対して「こう動け」と電気信号を送った後、
どれだけ早く筋肉が動いてくれるかというもの。

これのテストが、以前テレビなんかでもたまにやっていた、
「バトン落下テスト」です。

机の上などに腕を置き、手のすぐ上から合図なしにバトンを落下させ、
どの位置でバトンを取れるか?というものです。

バトンが落下し始めたのを目で確認し、脳は腕に「バトンを掴め」と電気信号を送りますが、
その電気信号を受け取ってから手が動き始めるスピードは、年齢と共に遅くなってしまいます。

これは徒競走などで派手に転んでしまうのも同じ現象です。

早く走ろうとして、身体は前傾姿勢を取りますが、
脚はその反応に追い付いていけず転倒してしまう。

だから、小学生の徒競走は、他の選手と競り合いをしてつまづいて転んでしまうことが多いですが、
お父さんの徒競走って、勝手に一人で前に転がるようにこけるでしょ?

転びそうになった時に自分の身体を支えようとしても、
支えられる筋力もなければ、反応もしてくれないので転んでしまうのは当然です。

筋力だけではなく、反応してくれない身体なんだということも
自覚しましょう。

歳をとってからの怪我は治りにくい?!

筋力の衰えや、筋反応の衰えは、運動をするときやとっさの動きをするときだけでなく、
怪我の回復にも大きく影響します。

普段から筋トレや運動をやっている人は、
筋肉の細かい繊維をよく切っており、(これは運動をすれば誰でもおこる自然なことです)
身体はそれの回復を常に行っています。

その為、大きな怪我をしても、修復の為の細胞は活発に働いてくれるので、
回復も早いのです。

しかし年齢を重ねると様々な細胞が反応しなくなっり、なくなってしまっていったりします。

細胞がなくなっていくことは食い止めることはできないかもしれませんが、
残っている細胞を活性化することはできます。

何も日常的にハードな運動をする必要はありません。

適度に身体にストレスをかけてあげることが、
身体を若く保っていける秘訣です。

子供の運動会で、残念なお父さんにならないように、
日頃から体を鍛えましょう

初めまして!前のページ

初めまして。次のページ

ピックアップ記事

  1. 🌼咲くべき土で花開く🌼
  2. オールYES‼️
  3. マッサージ系
  4. 体が硬くても、初心者でもOK!やさしいヨガ
  5. 新型コロナウィルスによる   レッスン中の感染対策について

関連記事

  1. koichishimada

    二の腕はなぜ引き締まらない?!(前編)

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。&nbsp…

  2. koichishimada

    トレーナーをやる理由

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。昨日の…

  3. koichishimada

    ダイエットの敵

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。暖かくな…

  4. koichishimada

    腕・脚の引き締めレッスンの様子

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。毎週木…

  5. koichishimada

    自己紹介1

    寒い日が続きますが、皆さん如何お過ごしでしょうか?ボディメイクプラン…

  6. koichishimada

    シックスパックを目指す

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。前回の更…

島田皓一 先生 プロフィール

島田皓一

全ての人の“真の健康”をサポートする、ボディメイクプランナー島田皓一です。 4歳から体操を始め、全国5位の入賞経験もある現役の体操選手。 現在、選手活動を続けながら、トレーナーとして運動指導やジムも運営。 トレーナー歴は18年、グループレッスンとパーソナルレッスンで延べ200名を超える方をサポート。 体操選手ならではの身体の使い方を活かしたストレッチやトレーニングで、ボディメイクや腰痛・肩こりなどの不調改善・予防プログラムを行っている。 また、行政からの事業を一部受託し健康教室のインストラクターも務めている。 現役生活30年を迎え、小学生・中学生・高校生・社会人、全ての年代で全国大会の出場を経験するなど健康そうに見える私ですが、実は7回の手術を経験しています。 命が危ないと言われた時もあり、家族にもとても心配をかけてしまいました。 肉体的にも精神的にも辛い状況でしたが、大変な手術とリハビリを乗り越えて、今も現役生活を続けることができています。 私がこうした苦難を経験して思ったことは“自分の健康を維持することの大切さ”です。 病気やけがを繰り返してきたからこそ、こんな辛い思いをする人を一人でも減らしたいと思い、トレーナーの仕事を始めました。 けがや病気、身体の不調は誰にでも起こりうる、日常に潜んでいるリスクです。 例えば ・こどもにいいところを見せようと運動会で張り切って肉離れ ・ちょっとした段差につまずき骨折 ・慣れないヒールで足をくじく 特に年齢を重ねるごとにそのリスクは大きくなってしまいます。 トラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起きない健康な身体作りをしませんか? 日頃から身体を整えておくことは、今の健康状態を作り出すことはもちろん、将来の健康を作ることにもつながります。 そして、自分の健康を維持することは、家族や周りの大切な人たちの安心もつくります! 自分の健康と大切な人の笑顔を守るために一緒に身体を動かしましょう!

最近の記事

広告エリア

  1. wakana

    初めまして!
  2. kaho

    初心者のおうちヨガ・2 朝ヨガ
  3. manami

    自己紹介
  4. ERIKO(えりつぃん)

    ママや妻の笑顔はかぞくの幸せ!
  5. mari1

    初めまして。
PAGE TOP