koichishimada

筋肉痛はいつくる?

皆さんこんにちは!
ボディメイクプランナーの島田です。

筋トレを始めとする、ちょっと激しめの運動をやった後にやってくるのが
”筋肉痛”です。

運動をした翌朝に残っている疲労とともにやってくる、
人によっては厄介者とも思われています。

今日はそんな筋肉痛について少し解説をしようと思います。

そもそも筋肉痛ってどうしておこるの?

おこってほしくはないと思っていても、気持ちとは裏腹におこってしまうのが
筋肉痛ですよね。

筋肉痛とは、大雑把に言ってしまえば、
細かい筋肉の繊維が切れてしまったことによる炎症反応のことです。

足首を捻挫してしまうと、足首は見る見るうちに腫れ上がってきて痛みますよね?
これは足首が無理な力によって捻られ、筋肉や腱、骨、靭帯などの組織が傷つけられてしまうから。
これが炎症反応です。

運動をするとほとんどの場合、大なり小なり筋線維が切れてしまいます。
これは人間が自分の身体を守る上でとても大事なことです。
(筋線維が切れないと骨が折れてしまう)

当然筋線維が切れれば、炎症反応がおこり、痛みも出てきます。

ただ、切れてしまっているのはあくまでも細かい筋線維なので、
痛みが長い期間続くことはなく、2日程度すれば痛みはほぼ治まります。

これは、筋線維の修復は、およそ48時間で完了する為です。

もしそれ以上の期間痛みが続いたり、痛みが軽くならない場合は、
他の怪我が考えられるため、病院に行った方がいいでしょう。

筋肉痛は翌日におこっているか?

筋肉痛のメカニズムが大まかにでもわかったところで、皆さんに質問です。

皆さんは筋肉痛は翌日にちゃんとおこっていますか?

もし翌日には筋肉痛がおこらず、1日遅れてやってくるなんて場合は、
要注意です!!

「いや~、自分もいい歳だから、翌日になんかこないんだよね~」
なんてのはいい訳です!
年齢を重ねても、翌日にくる人はちゃんといます。

筋肉痛が翌日におこっていないという人は、本当は筋肉痛を翌日に感じれていない、
つまり、身体のセンサーが鈍っているということです。

先程、筋肉痛は筋線維が切れたことによる炎症反応だとお伝えしました。

運動をすれば、すぐに筋線維は切れ、炎症反応が始まります。
炎症成分がある程度溜まると、身体はそれを痛みと感じます。

筋肉痛が1日遅れでくるような人は、大抵の場合運動不足なので(笑)、
炎症成分が溜まってきても、身体がそれに気が付いていないので、
痛みとして脳に伝えるのが遅くなってしまうのです。

これが筋肉痛が1日遅れできてしまうメカニズムです。

1日遅れの筋肉痛を放っておいてはいけない

この1日遅れの筋肉痛、歳だからなどと言って放っておいてはいけません。

なぜなら、1日遅れの筋肉痛は、身体のセンサーが鈍っている証拠。
細かい筋線維で済んでいるから大事にはなりませんが、
筋肉痛にすら反応しない身体が、他の事に反応するとはなかなか思えません。

がんや脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病は、日々の生活悪習慣が積み重なって
引き起こされます。

多くのケースでそれらの前兆のような身体の変化が、身体の内部ではおこっています。
しかし、身体のセンサーが鈍ってしまっていると、この変化に気が付くのは難しくなってしまいます。

これが、1日遅れの筋肉痛を放っておいてはいけない理由です。


筋肉痛は、人間の身体の中でも、とても分かりやすい反応です。
これに”すら”反応できていないということは、様々なリスクを背負ってしまうことになりかねないので、
少しずつでもいいので、身体の変化を感じ取れる体にしていったほうがいいでしょう。

「自分の身体は自分が一番よくわかっている」と言いますが、
本当にそうでしょうか?
人間ドック受けたら結果にビックリ!!なんてことにならないように、
本当の意味で、自分の身体は自分が一番よくわかってあげれるようになってくださいね!!

自律神経ホルモンバランスの乱れ前のページ

倒立も練習!次のページ

ピックアップ記事

  1. 🍀プロフィール🍀
  2. 意識的にふんわりと♬
  3. KARADA harmony に込めた想い
  4. 🍀新感覚イベントお知らせ🍀
  5. はじめまして!

関連記事

  1. koichishimada

    トレーナー以外のお仕事

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。今日は…

  2. koichishimada

    トレーニングの種類

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。トレー…

  3. koichishimada

    ブログスタート

    皆さん初めまして。ボディメイクプランナーの島田です。ひょんな…

  4. koichishimada

    ダイエットの敵

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。暖かくな…

  5. koichishimada

    体重を落とすのは簡単!?

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。トレー…

島田皓一 先生 プロフィール

島田皓一

全ての人の“真の健康”をサポートする、ボディメイクプランナー島田皓一です。 4歳から体操を始め、全国5位の入賞経験もある現役の体操選手。 現在、選手活動を続けながら、トレーナーとして運動指導やジムも運営。 トレーナー歴は18年、グループレッスンとパーソナルレッスンで延べ200名を超える方をサポート。 体操選手ならではの身体の使い方を活かしたストレッチやトレーニングで、ボディメイクや腰痛・肩こりなどの不調改善・予防プログラムを行っている。 また、行政からの事業を一部受託し健康教室のインストラクターも務めている。 現役生活30年を迎え、小学生・中学生・高校生・社会人、全ての年代で全国大会の出場を経験するなど健康そうに見える私ですが、実は7回の手術を経験しています。 命が危ないと言われた時もあり、家族にもとても心配をかけてしまいました。 肉体的にも精神的にも辛い状況でしたが、大変な手術とリハビリを乗り越えて、今も現役生活を続けることができています。 私がこうした苦難を経験して思ったことは“自分の健康を維持することの大切さ”です。 病気やけがを繰り返してきたからこそ、こんな辛い思いをする人を一人でも減らしたいと思い、トレーナーの仕事を始めました。 けがや病気、身体の不調は誰にでも起こりうる、日常に潜んでいるリスクです。 例えば ・こどもにいいところを見せようと運動会で張り切って肉離れ ・ちょっとした段差につまずき骨折 ・慣れないヒールで足をくじく 特に年齢を重ねるごとにそのリスクは大きくなってしまいます。 トラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起きない健康な身体作りをしませんか? 日頃から身体を整えておくことは、今の健康状態を作り出すことはもちろん、将来の健康を作ることにもつながります。 そして、自分の健康を維持することは、家族や周りの大切な人たちの安心もつくります! 自分の健康と大切な人の笑顔を守るために一緒に身体を動かしましょう!

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし

最近の記事

広告エリア

  1. keiko

    ヨガに根性や達成感は必要ありません
  2. sumiko

    初めまして。
  3. Kumie

    ホームランより日々の努力
  4. anna

    そのうちっていつ?
  5. yuko4

    はじめまして。
PAGE TOP