koichishimada

正しいフォーム

皆さんこんにちは!!
ボディメイクプランナーの島田です。

突然ですが、皆さんは正しいフォームで
ストレッチやトレーニングが行えていますか?

きちんとやっているつもりでも、
いざ聞かれると、自信をもってできていると答えられる人は、
案外少ないのではないでしょうか?

ストレッチの正しいフォームを指導している様子

トレーナーが付いてストレッチやトレーニングを指導する場合、
ほとんどと言っていいほど正しいフォームを意識して指導を行っていきます。

これには大きく2つの理由があります。

効果を最大限出すため

1つ目の理由は、正しいフォームで行わないと、きちんとした効果が出ないからです。

ストレッチであれ、トレーニングであれ、それぞれ狙っている筋肉(あるいは腱)があります。

その狙っている筋肉にきちんとアプローチするためには、正しいフォームで行う必要があります。

代表的な例は「腕立て伏せ」です。

脇をしめて腕立て伏せを行っている男性

腕立て伏せは、実は脇の開き方で負荷がかかる部分が変わります。
脇を開いて、腕を外側に開くようにやると胸の筋肉に負荷がかかりますが、
脇を閉じて、腕を身体に沿うようにしてやると、二の腕に負荷が変わります。

女性で、二の腕のシェイプアップを目的に腕立て伏せをやっていても、
脇を開くような腕立て伏せをやっていては、いつまで経っても二の腕のシェイプアップ効果は見込めません。
また、脇を閉じていても、肩に負荷がかかるようなフォームでやっている人もいます。

このように、一見効果的と思われるメニューを組んでいても、実際に行っているフォームによってまるっきり効果がないと言える状態にならないために、
トレーナーは正しいフォームでトレーニングやストレッチを行うように細かく指導しています。

安全性を確保するため

2つ目の理由は、トレーニングやストレッチなどでケガをしないためです。

本来は怪我を予防するために、トレーニングやストレッチを行うんですが、
そのトレーニングやストレッチで関節などを痛めてしまう方がいます。

自己流のストレッチで、硬くて伸びない箇所を無理矢理伸ばして筋挫傷してしまったり、
関節に負荷がかかりすぎてしまうようなフォームでトレーニングを行ってしまって痛めたりするのはよく聞きます。

これの代表例は「スクワット」です。

スクワットの基本姿勢をとっている女性

スクワットはお尻を含めた下半身強化にとても有効なトレーニングですが、
正しいフォームで行わないと、膝や腰を痛める可能性が高くなります。

上の写真が基本姿勢になりますが、これより膝が前に出てしまったり、
背中が丸まってしまっていたりすると、
折角筋力強化の為にやっているトレーニングが、筋肉にさほど負荷がかからず、
関節に負荷をかけてしまい痛めてしまうことになりかねません。
(特にスクワットは正しいフォームでできている人が少ないです。)

バーベルなどの重りをもってトレーニングを行う場合は、正しいフォームで行わないと、自重トレーニングに比べて更に関節への負荷が大きくなるので、
ウェイトトレーニングを行う場合は、自重トレーニングで正しいフォームを習得してから行った方がよいでしょう。

トレーナーがフォームについて口酸っぱく言うのは、これらの理由があります。
逆に言えば正しいフォームを習得できれば、ストレッチもトレーニングも効率的・効果的に進みます。

Youtubeなどを見ながらストレッチやトレーニングをしていても、
全然効果が出ないとお悩みの方は、自分のフォームがあっているかどうか、
一度トレーナーに確認してもらうのもいいかもしれません。

ストレッチやトレーニングの正しいフォームをチェックしたい方は
パーソナル体験レッスンへどうぞ!!

ネガティブマインドからの解放 Part2前のページ

『委ねる』の大切さ。次のページ

ピックアップ記事

  1. 🌼咲くべき土で花開く🌼
  2. ゴルフの所にいるヨガの人
  3. 今こそ使いたい!!      電車の揺れの『おっとっと』対策
  4. オールYES‼️
  5. 🍀プロフィール🍀

関連記事

  1. koichishimada

    防げるケガはある

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。突然です…

  2. koichishimada

    雨が降ると関節などが痛い

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。日中は暖…

  3. koichishimada

    トレーナー以外のお仕事

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。今日は…

  4. koichishimada

    肩こり・腰痛改善レッスンの様子

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。昨日は…

  5. koichishimada

    腕・脚の引き締めレッスンの様子

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。毎週木…

  6. koichishimada

    グループレッスンの様子

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。毎週木…

島田皓一 先生 プロフィール

島田皓一

全ての人の“真の健康”をサポートする、ボディメイクプランナー島田皓一です。 4歳から体操を始め、全国5位の入賞経験もある現役の体操選手。 現在、選手活動を続けながら、トレーナーとして運動指導やジムも運営。 トレーナー歴は18年、グループレッスンとパーソナルレッスンで延べ200名を超える方をサポート。 体操選手ならではの身体の使い方を活かしたストレッチやトレーニングで、ボディメイクや腰痛・肩こりなどの不調改善・予防プログラムを行っている。 また、行政からの事業を一部受託し健康教室のインストラクターも務めている。 現役生活30年を迎え、小学生・中学生・高校生・社会人、全ての年代で全国大会の出場を経験するなど健康そうに見える私ですが、実は7回の手術を経験しています。 命が危ないと言われた時もあり、家族にもとても心配をかけてしまいました。 肉体的にも精神的にも辛い状況でしたが、大変な手術とリハビリを乗り越えて、今も現役生活を続けることができています。 私がこうした苦難を経験して思ったことは“自分の健康を維持することの大切さ”です。 病気やけがを繰り返してきたからこそ、こんな辛い思いをする人を一人でも減らしたいと思い、トレーナーの仕事を始めました。 けがや病気、身体の不調は誰にでも起こりうる、日常に潜んでいるリスクです。 例えば ・こどもにいいところを見せようと運動会で張り切って肉離れ ・ちょっとした段差につまずき骨折 ・慣れないヒールで足をくじく 特に年齢を重ねるごとにそのリスクは大きくなってしまいます。 トラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起きない健康な身体作りをしませんか? 日頃から身体を整えておくことは、今の健康状態を作り出すことはもちろん、将来の健康を作ることにもつながります。 そして、自分の健康を維持することは、家族や周りの大切な人たちの安心もつくります! 自分の健康と大切な人の笑顔を守るために一緒に身体を動かしましょう!

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし

最近の記事

広告エリア

  1. yukari4

    はじめまして。
  2. nico

    更年期症状やPMSに有名な三大漢方
  3. zoomアイコン

    4DSヨガ

    zoom
  4. yu-ki1

    簡単月ヨガ
  5. Kumie

    体幹を鍛えるといいことづくめ
PAGE TOP