koichishimada

二の腕はなぜ引き締まらない?!(前編)

皆さんこんにちは!
ボディメイクプランナーの島田です。

 

春先から夏にかけて気になり、
秋口になると気を緩めやすくなる部分が、
”二の腕”

 

いつの時代も、この部分を引き締めたいと思いつつも、
なぜかなかなか引き締まってくれない。

 

そんな悩みを持ち続けて、ああ何年経っただろう・・・。

 

こんなことを思った人は、一人や二人ではないことでしょう。

 

 

ではなぜ二の腕は引き締まってくれないのか?!
その原因と正しいやり方を、少しだけお教えしましょう。

 

 

 

引き締まっているように見せるにはどうすればいいか?

 


引き締まっているように見える為には、2つの要素があります。

 

・脂肪が少ないこと
・適度な筋肉があること

 

 

脂肪を減らすには、ただ単にダンベルを持ったりして
腕を動かしているだけでは、ほとんど効果はありません。

 

 

 

 

医学的に”部分痩せはできない”からです。

 

 

 

つまり腕のトレーニングをすれば、二の腕の脂肪が減るかと聞かれれば、
答えは ”No” なのです。

 

 

人によって脂肪がつきやすい部位や、
脂肪が減り始めやすい部位はありますが、
基本的には全身くまなく脂肪がつき、減ります。

 

 

なので、ビッグ3と呼ばれる筋肉(背中の筋肉、太ももの筋肉、胸の筋肉)を
積極的に動かし、
エネルギーを継続的に使うようにしていきましょう。

 

 

腕の筋肉は身体全体でみれば小さく、
動かしたところで、大きなエネルギー消費(脂肪燃焼)は見込めません。

 

 

エネルギー消費でとても効果的なのは、
やはり、

 

 

スクワット

です。

 

 

 

スクワットは、身体全体の筋肉の約50%を占めると言われている
下半身の筋肉の大半を使うので、
エネルギー消費や筋トレによる美脚効果だけでなく、
正しくやればお尻の筋肉も多く使うため美尻効果や腰痛予防など、
多くのメリットがあります。
(ただし、正しいフォームでやらないと怪我につながりますので、
きちんと専門家の指導を受けましょう。)

 

 

スクワットの正しいフォームは、
お尻をしっかりと引き、
背筋を伸ばして行うようにします。

スクワットを真横から見た様子

スクワットを斜め前から見た様子

写真では太ももと地面が平行になるまで下げていますが、
きつければそこまで下げる必要はありません。

 

1日で、10回×3セットを目安にやるといいでしょう。

 

 

 

ではもう一つの、「適度な筋肉をつける」にはどうしたらいいのか?

実はこのためのトレーニングが結構間違っていることが多いんです。

 

 

 

 

その解説は後編のブログでお伝えします!!

 

 
 

初めまして。前のページ

初めまして。次のページ

ピックアップ記事

  1. タイの伝統療法なんです
  2. 扁平足は足が遅い?
  3. マッサージ系
  4. 遠そうで実は身近な『ゾーン』
  5. 今『今年の目標』立てましょう♫

関連記事

  1. koichishimada

    ブログスタート

    皆さん初めまして。ボディメイクプランナーの島田です。ひょんな…

  2. koichishimada

    集中力を高める

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。皆さんは…

  3. koichishimada

    トレーナー以外のお仕事

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。今日は…

  4. koichishimada

    筋肉痛はいつくる?

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。筋トレを…

  5. koichishimada

    クラブハウス始めました

    皆さんのこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。タイ…

島田皓一 先生 プロフィール

島田皓一

全ての人の“真の健康”をサポートする、ボディメイクプランナー島田皓一です。   4歳から体操を始め、全国5位の入賞経験もある現役の体操選手。 現在、選手活動を続けながら、トレーナーとして運動指導やジムも運営。 トレーナー歴は18年、グループレッスンとパーソナルレッスンで延べ200名を超える方をサポート。 体操選手ならではの身体の使い方を活かしたストレッチやトレーニングで、ボディメイクや腰痛・肩こりなどの不調改善・予防プログラムを行っている。 また、行政からの事業を一部受託し健康教室のインストラクターも務めている。     現役生活30年を迎え、小学生・中学生・高校生・社会人、全ての年代で全国大会の出場を経験するなど健康そうに見える私ですが、実は7回の手術を経験しています。 命が危ないと言われた時もあり、家族にもとても心配をかけてしまいました。 肉体的にも精神的にも辛い状況でしたが、大変な手術とリハビリを乗り越えて、今も現役生活を続けることができています。   私がこうした苦難を経験して思ったことは“自分の健康を維持することの大切さ”です。 病気やけがを繰り返してきたからこそ、こんな辛い思いをする人を一人でも減らしたいと思い、トレーナーの仕事を始めました。   けがや病気、身体の不調は誰にでも起こりうる、日常に潜んでいるリスクです。 例えば ・こどもにいいところを見せようと運動会で張り切って肉離れ ・ちょっとした段差につまずき骨折 ・慣れないヒールで足をくじく 特に年齢を重ねるごとにそのリスクは大きくなってしまいます。   トラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起きない健康な身体作りをしませんか? 日頃から身体を整えておくことは、今の健康状態を作り出すことはもちろん、将来の健康を作ることにもつながります。 そして、自分の健康を維持することは、家族や周りの大切な人たちの安心もつくります!   自分の健康と大切な人の笑顔を守るために一緒に身体を動かしましょう!

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし

最近の記事

広告エリア

  1. 更年期に向き合う女性と花

    nico

    女性ホルモン変化と更年期症状
  2. yumiko1

    初めまして。
  3. Kumie

    ヨガチャレンジに挑戦中
  4. miyabi

    年末年始に向けて
  5. yuki3

    初めまして。
PAGE TOP