koichishimada

ダイエットを成功させる3つのポイント

皆さんこんにちは!
ボディメイクプランナーの島田です。

いつの時代にも言われ続ける「ダイエット

時代によって流行りのダイエット法が出ては消え、出ては消えを
繰り返していますが、
ダイエットという言葉がなくなることはありません。

簡単に痩せられるという方法なんかないとわかっていながら、
次々と生まれてくる「〇〇するだけの簡単ダイエット法!!」を見つけると
なぜか試してしまい、結局痩せないまま・・・。
(いや、逆に太っていく人も・・・)

そこで今日は、現役アスリートとして自身も毎年減量を行い、
昨年のコロナ禍でも減量を成功させた私島田が、
ダイエットを成功させるための3つのポイントをお伝えします。

事前にお伝えしておきますが、適切な食事や適度な運動を行うなどの基本的なことは行う前提です。
この運動をすれば痩せられるとか、これを食べればいいとか、そんなことはありません。
また、具体的な食事メニューや運動メニューなどは今回の記事では扱いません。
ダイエットを成功させるための、「習慣作り」や「マインドセット」と捉えていただければ良いかと思います。

※文中の内容による成果は個人差があります。実施される場合は自己責任でお願いします。

ポイントその1:
食事を気をつけたり運動をするのは
目標達成した後も続けると心得る

ダイエットをする上で目標を設定することはとても大事なことです。

今より体重-10㎏とか、体脂肪率-5%とか、人によってさまざまでしょうし、
いつまでにその目標に到達したいかもあるでしょう。

ボクシングや柔道などの体重制限があるアスリートや、結婚式などのイベント毎の為にダイエットをやっているような人は、タイミングが過ぎてしまえばそれ以降はダイエットをする必要はないかもしれませんが、
健康の為にダイエットをする人はそうではないはずです。

ダイエットが成功(目標の体重や体脂肪率になった)した後も、その状態をキープしないといけないはずです。

その為には、食事に気を付けたり、適度な運動を続けるのは、目標を達成した後も続けないと、あっという間にダイエット前に逆戻りです。

よく、ダイエットに成功したからと言って、「ちょっとぐらい大丈夫♪」と言って好きなお菓子や食べたいものを食べる人がいます。
本当に”ちょっと”なら別にどうってことないんですが、その”ちょっと”が積み重なると結構大きな量になってしまいます。

以前のブログでも書きましたが、量を減らした状態に慣れることが大事です。

また、運動も同じです。
むしろ、目標を達成した後に運動を辞めてしまう人の方が多いです。

いずれにしても、目標を達成した後は、目標を達成した状態に慣れることが必要なので、目標達成後も食事に気をつけたり、運動を継続する必要はあります。

ただし、ダイエット目標達成前と後では、食事も運動もメニューは違います。
体重を落とすための食事や運動と、維持するための食事や運動は違うからです。

ただ、気をつけなければいけないことに変わりはないので、ダイエットを開始した時から心得ておきましょう。

ポイントその2:
急に厳しいことをやらない

ダイエットをするぞ!! と意気込んだはいいものの、結局続かないのは、
いきなり厳しいことをやるからです。

人間、気合で乗り切れる期間はそんなに長くありません。

以前のブログで書いた通り、結局ストレスはたまり、
1ヶ月もしないうちに挫折したなんて話はゴマンとありますし、
私も何人も見てきました。

トレーナーが付いている場合は、ある程度コントロールしてもらえるし、
無理がない範囲でやってくれるでしょうから、まだいいのですが、
自分でやる場合は、本当に簡単なことからやった方がいいでしょう。

まずは5分の近所のお散歩を週に2日程度から。
家に帰るときに少し回り道をしてみてもいいかもしれません。

これぐらい簡単なことが継続できないようでは、多分ダイエットは成功しません。
だって本当にダイエットしようと思ったら、先々もっときついメニューをこなすことを継続的にやらなければいけないんですから。

アスリートが必ずウォーミングアップをやるように、ダイエットにも準備期間が必要です。
焦らず、まずは1週間程度お散歩ができるか試してみましょう。

ポイントその3:
毎日体重を測らない

これはよくビックリされますが、毎日体重を測ってはいけません。

今日運動したからと言って、翌日に1㎏急に落ちるものでもありません。

食事後に体重を測り、その後運動をして再び体重を測れば1㎏ぐらい落ちるかもしれませんが、そんなことは意味がないことは、誰でもわかりますよね?

でもダイエット中は、この「体重が落ちた」という事実だけをどうしても追いたくなってしまいます。
毎日体重を測っていると、気圧や湿度の関係やその日の体調で、時には体重が増えることもあります。

これはダイエットをしていく上で、とてもストレスになります。
わかっていてもストレスを感じてしまうのです。

ストレスをできるだけなくし、継続的にダイエットを成功させるためには、
3日に1回ぐらいのペースで体重を測るのが一番いいと思います。

また、体重を測るのは、必ず「空腹時」に行いましょう。
食べ物が胃の中に残っていては、正しい体重は測れません。

理論的には、基礎体温を測るとき同様、起きた直後が一番いいです。
お風呂上りは着衣がないので測りやすいタイミングかもしれませんが、
体内の水分が抜けている状態なので、どうしても軽くなりがちです。
また、せっかくお風呂に入っていい気持ちになったのに、体重見てがっかりしたくないでしょう?(笑)

以上、ダイエットを成功させるためのポイント3つをお伝えしました。

ちなみに今の私のダイエット目標はお盆までに体重-2㎏、体脂肪率-2%です。

いや、簡単だろって思ったそこのアナタ!
体脂肪率10%ない人間が減量するのは大変なんですよ!!(笑)

よかったら私と一緒にダイエットしませんか?
アスリート仕込みのダイエット法で、きっちり目標を達成させますよ!!

食でストレス発散がなくなった前のページ

重だるい梅雨の時期次のページ

ピックアップ記事

  1. 🌼咲くべき土で花開く🌼
  2. 妊娠出産にも効果的なピラティス。~妊娠編~
  3. 心も体も喜ぶ健康法
  4. はじめまして!
  5. 妊娠出産にも効果的なピラティス。~産後編~

関連記事

  1. koichishimada

    自己紹介1

    寒い日が続きますが、皆さん如何お過ごしでしょうか?ボディメイクプラン…

  2. koichishimada

    二の腕はなぜ引き締まらない?!(前編)

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。&nbsp…

  3. koichishimada

    私、やらかしました

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。前回に引…

  4. koichishimada

    トレーナーをやる理由

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。昨日の…

  5. koichishimada

    衰えるのは筋肉だけではない

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。最近は6…

  6. koichishimada

    足裏こそ健康維持に重要!!

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。高齢に伴…

島田皓一 先生 プロフィール

島田皓一

全ての人の“真の健康”をサポートする、ボディメイクプランナー島田皓一です。 4歳から体操を始め、全国5位の入賞経験もある現役の体操選手。 現在、選手活動を続けながら、トレーナーとして運動指導やジムも運営。 トレーナー歴は18年、グループレッスンとパーソナルレッスンで延べ200名を超える方をサポート。 体操選手ならではの身体の使い方を活かしたストレッチやトレーニングで、ボディメイクや腰痛・肩こりなどの不調改善・予防プログラムを行っている。 また、行政からの事業を一部受託し健康教室のインストラクターも務めている。 現役生活30年を迎え、小学生・中学生・高校生・社会人、全ての年代で全国大会の出場を経験するなど健康そうに見える私ですが、実は7回の手術を経験しています。 命が危ないと言われた時もあり、家族にもとても心配をかけてしまいました。 肉体的にも精神的にも辛い状況でしたが、大変な手術とリハビリを乗り越えて、今も現役生活を続けることができています。 私がこうした苦難を経験して思ったことは“自分の健康を維持することの大切さ”です。 病気やけがを繰り返してきたからこそ、こんな辛い思いをする人を一人でも減らしたいと思い、トレーナーの仕事を始めました。 けがや病気、身体の不調は誰にでも起こりうる、日常に潜んでいるリスクです。 例えば ・こどもにいいところを見せようと運動会で張り切って肉離れ ・ちょっとした段差につまずき骨折 ・慣れないヒールで足をくじく 特に年齢を重ねるごとにそのリスクは大きくなってしまいます。 トラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起きない健康な身体作りをしませんか? 日頃から身体を整えておくことは、今の健康状態を作り出すことはもちろん、将来の健康を作ることにもつながります。 そして、自分の健康を維持することは、家族や周りの大切な人たちの安心もつくります! 自分の健康と大切な人の笑顔を守るために一緒に身体を動かしましょう!

最近の記事

広告エリア

  1. asami1

    初めまして。
  2. miho1

    初めまして。
  3. 姿勢のイラスト

    yukari0

    美しい姿勢のために☆ー骨盤底筋群を使う!
  4. takuma

    初めまして。
  5. yukina

    初めまして
PAGE TOP