koichishimada

ダイエットの敵

皆さんこんにちは!
ボディメイクプランナーの島田です。

暖かくなってきて、徐々に薄着になっていくこの季節。
この時期に増えるトレーナーへの相談が「ダイエット」です。

もっと前から準備しようよ・・・、とこちらはいつも思うのですが、
薄着になってから皆さん気づくんでしょうね。

この冬は特にコロナの影響で、

外出自粛→ストレスが溜まり、発散の為に美味しいものを食べる
→巣ごもりで身体を動かさない(外出自粛がいい言い訳になっている)→太る

こんなサイクルができあがっているように感じます。

で、せめて夏には間に合わせたいなと早々に考えた人は、
ゴールデンウィーク明けぐらいから動き始める訳で、
「さぁ、ダイエットをするぞ!!」と心に決めて始めるものの・・・

結局梅雨明けぐらいにはそんな気持ちもどこ吹く風。
いつのまにやら、「今年の夏には間に合わないかな・・・」と
早々に諦めてしまい、
ダイエット仲間(と称する)とだけで、海やプールを楽しむ。

こんな事を毎年繰り返している人、周りにいませんか?
(別にあなたがこうなっているとは言ってませんよ(笑))

なぜダイエットは続かないんでしょうか?

今まで、何度も「ダイエットしよう!!」と思いチャレンジはするものの、
結局中途半端に終わったり、
その時は目標体重になったものの、気づいたらリバウンドしている人は、
驚くほどに多いです。

ダイエットの敵は何だ?

こんなに「痩せたい」と思うのに、
成功しない・続かない人が多いのはなぜでしょうか?

私はダイエットの敵は、ズバリ

ストレス

だと思います。

食べたいものがあるのに我慢しなきゃいけない”ストレス”
苦手だけど運動しなきゃいけない”ストレス”

こういったものがどんどん溜まっていって、
ストレス同様に溜まっていくのが
「どうでもいい」という気持ち。

アスリートのように試合時の体重制限や、
結婚式などの人生の一大イベントなどがあれば、
この「どうでもいい」という気持ちに打ち勝つこともできるかもしれませんが、
日常生活レベルではなかなかそうもいきません。

こういったストレスを少しでも軽減する目的で設けられているのが、
”チートデー(何でも好きなものを食べていい日)”です。
(チートデーの本来の目的は違うんですが、ここでは割愛します)

ただ自己流でダイエットをしていると、ほとんどのケースで
”毎日チートデー”にいつの間にかなってしまっています。

では、こうならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

そもそもストレスを発生させない

私がパーソナルトレーナーとしてダイエットのサポートをする場合、
クライアントさんに必ずお伝えすることがあります。

それは、

「食べたいものは食べる」

ということ。

ダイエットをしようと思う人の多くは、食べることが好きです。
自分で自覚していない人もいますが、
「ラーメンが好き」みたいな、いかにも太りそうな食べ物が好きというだけでなく、
「仕事中や仕事の合間にお菓子を口に運んでいる」という人は結構多い。

自分で食べることが好きと自覚していなくても、
常に何か食べている人はかなりいます。
(単に口寂しいのかもしれませんが)

「とりあえずお腹が満たされればなんでもいい」と言っている人は、
そもそも太りにくいです。

そんな「食べることが好き」という人に、
「これは食べちゃダメ!」と制限するのは、かなりのストレスになり、
結果的には途中で挫折してしまう原因になります。

その為、私がサポートする場合は、
基本的に食べたいものは食べてOKとしています。

ラーメンだろうが、ステーキだろうが、お菓子だろうが、
食べたいものは食べましょうよ!
食べることが人生の楽しみになっている人が、食べることを制限したら、
人生自体が楽しくないでしょう!!

と言っていると、
「そんなんで痩せれるの?まさかキツ~いトレーニングをするとか?」
と聞かれます。

もちろんトレーニングを始めとする運動はしますが、
そんなきついことはしません。(特に最初は)

食べたいものは食べてOKと言いましたが、
量はある程度制限します。

昼食も夕食もラーメンを食べている人は、どちらか1食は他のものに置き換えたり、
サラダも一緒に食べるようにしたり、
ポテトチップスを一袋開けちゃうという人は、最初は2/3に抑えてみるとか。

制限する量は、最初はほんの少しでもいいんです。
ほんの少しでも制限できた時は、
「あ、自分ちょっと頑張ればできんじゃん!」と自分をほめてあげましょう。

大事なのは、量が減った状態でも自分が満足できる状態に慣れることです。
この、「量が減った状態に慣れる」には、やはりある程度時間がかかります。
その間、時には誘惑に負けてしまうこともあるでしょう。
そんなんは別にOKです。
一食や一日単位では大変なことですが、三日や一週間単位でみれば、誤差の範囲です。(その誤差は運動量で十分カバーできます)

ダイエットは、ある一定の期間だけ行うものではなく、
目標の体重になった後も、それを維持するためにある程度は継続しなければいけません。
リバウンドしないためには長期的な視点で食生活を変え、それに慣れていき、
自分にとってそれが当たり前ぐらいの感覚にしていく必要があります。

健康的な生活を送っていくためにも、是非、無理のないダイエットで
理想の身体を末永く維持していただければと思います。

280日目の朝のオンラインヨガでした~(^0^♪前のページ

mothers dayですね。次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめまして!
  2. ヨガに興味はなかった
  3. 🍀プロフィール🍀
  4. 意識的にふんわりと♬
  5. 新しいレッスン始まり

関連記事

  1. koichishimada

    クラブハウス始めました

    皆さんのこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。タイ…

  2. koichishimada

    自分もトレーニング

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。今日は…

  3. koichishimada

    肩こり・腰痛改善レッスンの様子

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。昨日は…

  4. koichishimada

    「なぜ」がわかると簡単

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。先日体…

  5. koichishimada

    自己紹介2

    皆さんこんにちは!!ボディメイクプランナーの島田です。ヨガマ…

  6. koichishimada

    二の腕はなぜ引き締まらない?!(前編)

    皆さんこんにちは!ボディメイクプランナーの島田です。&nbsp…

島田皓一 先生 プロフィール

島田皓一

全ての人の“真の健康”をサポートする、ボディメイクプランナー島田皓一です。 4歳から体操を始め、全国5位の入賞経験もある現役の体操選手。 現在、選手活動を続けながら、トレーナーとして運動指導やジムも運営。 トレーナー歴は18年、グループレッスンとパーソナルレッスンで延べ200名を超える方をサポート。 体操選手ならではの身体の使い方を活かしたストレッチやトレーニングで、ボディメイクや腰痛・肩こりなどの不調改善・予防プログラムを行っている。 また、行政からの事業を一部受託し健康教室のインストラクターも務めている。 現役生活30年を迎え、小学生・中学生・高校生・社会人、全ての年代で全国大会の出場を経験するなど健康そうに見える私ですが、実は7回の手術を経験しています。 命が危ないと言われた時もあり、家族にもとても心配をかけてしまいました。 肉体的にも精神的にも辛い状況でしたが、大変な手術とリハビリを乗り越えて、今も現役生活を続けることができています。 私がこうした苦難を経験して思ったことは“自分の健康を維持することの大切さ”です。 病気やけがを繰り返してきたからこそ、こんな辛い思いをする人を一人でも減らしたいと思い、トレーナーの仕事を始めました。 けがや病気、身体の不調は誰にでも起こりうる、日常に潜んでいるリスクです。 例えば ・こどもにいいところを見せようと運動会で張り切って肉離れ ・ちょっとした段差につまずき骨折 ・慣れないヒールで足をくじく 特に年齢を重ねるごとにそのリスクは大きくなってしまいます。 トラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起きない健康な身体作りをしませんか? 日頃から身体を整えておくことは、今の健康状態を作り出すことはもちろん、将来の健康を作ることにもつながります。 そして、自分の健康を維持することは、家族や周りの大切な人たちの安心もつくります! 自分の健康と大切な人の笑顔を守るために一緒に身体を動かしましょう!

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし

最近の記事

広告エリア

  1. tamiko

    下町ヨガフェス2021 アンバサダー
  2. Kumie

    手軽な野菜料理
  3. ayano1

    腸のためのリラクゼーションヨガ
  4. nico

    自己紹介
  5. tsun

    【自己紹介】
PAGE TOP