未分類

自己紹介 〜東京での研修編〜

アメリカの病院でがん患者さんへヨガを提供されている、講師のララ先生。

東京での「がん患者さんに対するヨガ」の研修は衝撃の連続でした。

まずは、ヨガの奥深さを知ることができました!

ヨガはストレッチのようなもの、、という概念は見事に覆されました。

呼吸法や瞑想をする事による、自分の気持ちの変化

ヨガの一つ一つのアーサナの意味

また、日常生活に哲学を取り入れたヨガ的な生活

全てが新鮮な学びでした!

がん患者さんが運動することのメリットはたくさんあるというのは、知っていました。

しかし、ヨガってがん患者さんにかなり向いてるツールだなとその時思いました!

身体を動かせるという身体的なアプローチはもちろんですが、

心や内面を落ち着けてくれる。

これが画期的でした!

そんなこんなで、福岡に戻ってきた私は、

研修を主催していた、スタジオヨギーにすぐに問い合わせをして、

RYT200というヨガインストラクターの資格を取得する講座に申し込みを行ったのでした!

私のレッスンでは、がん患者さんに特化したクラスは行っておりませんが、

実際にがんで治療中の方もレッスンに参加されています。

今後はがん患者さんに特化したレッスンも提供していけたらと考えています、

自己紹介前のページ

【子どもの愛着障害】次のページ

ピックアップ記事

  1. 今こそ使いたい!!      電車の揺れの『おっとっと』対策
  2. 某大手自動車メーカーなヨガ哲学
  3. 自己紹介
  4. 今日から宜しくお願いします☆
  5. 『弱さも受け入れてあげよう』

関連記事

  1. 未分類

    リハビリのお仕事

    リハビリのお仕事は、患者さんの「〜したい」を叶えるお仕事です。…

  2. 未分類

    背骨がしなやかになる    キャット&カウストレッチ

    背骨が柔軟に動く事は身体にとって大事です!背骨はs次カーブに…

  3. 未分類

    初めてのコーチング

    今日コーチングというものを初めて受けました。将来やりたい事が…

  4. 未分類

    オンラインの良さ!

    Instagramで繋がった横浜の理学療法士の方とzoomでお話をし…

  5. 未分類

    東日本大震災から10年

    東日本大震災から10年あの日はまだ大学2年生でした。…

  6. 未分類

    今日1日はどんな意味があったのか?

    今日は朝から晩まで色々な事がありました。まず、家を出てすぐの…

Keiichiro 先生 プロフィール

Keiichiro

日常生活で感じるこりや痛みなどそのままにしていませんか? 私は病院で理学療法士として働いていますが、皆さん病院にいらっしゃる時は、既に身体が深刻な状態になっている場合が多いです。 病院に行く前の段階で、日ごろから身体のケアを行い、病気やケガをできるだけ予防する事が大切です。 皆さん、理学療法士として得た知識や経験を取り入れた、ヨガやトレーニングを通じて、日々の身体のコンディションを整えましょう!

最近の記事

広告エリア

  1. Kumie

    運気が上がる予感!
  2. Kumie

    ヨガを始めて、よかったこと①
  3. 北欧とサンタのある写真集から、人の大きさ、温かさを想うクリスマス記事

    aki

    メリークリスマス!
  4. ウォーリア2

    keiko

    認知症予防にもヨガ♬(^^♪
  5. minako1

    はじめまして。
PAGE TOP