ラヴェンダー

hiroshiyano

ヨガの指針

ラヴェンダー

『ヨガは敷居が高いです』と、この前はじめて会った若い女性に言われた。
そうなのか?
ヨガを始めた時には、そんな事を考えた事もなかったが、逆にこれだけ流行るとそうなのかもしれない。
世の中のヨガのイメージが敷居を高くしている。綺麗な子がアクロバットみたいなポーズをとった写真をよくSNSで見かける。
そんな事自分にはできないと思って当たり前だ。
もっと本質的なものが伝わり広がっていってほしい。

ヨガを先ずする時は呼吸を意識する。そして身体を意識する事。
この2つが特にハタヨガでは大事だ。
時々身体の事を忘れたり呼吸の事を忘れたりするかもしれないけれど、両方とも忘れてしまってはいけない。音楽を聴きながらしていたら全て忘れて、ただ身体を動かしているだけだった、なんていうのは他のスポーツやジムの中だけの話しだ。

そしてアサナをして色々な事に気づいていく。気づきは体験、経験した事の中から起こってくると言われているから、学習は必要で視座を養う必要がある。

身体が柔らかいとか硬いとか、太っているとか痩せているとか、そんな事はヨガには一切関係ない。
勝ち負けもない世界なので、他のスポーツや競技と比べて、ある意味モチベーションを保ち続けるのは難しい。

ヨガの世界はそんな基準のない両極端な2つの世界に存在しているのではない。それは一般的なこの世を観る視点である。変わらないものと変わるもの、その2つの世界観に存在しているのがヨガだ。アサナもそうだ。変わる部分と変わらない部分がある。

気持ちがいいとか、きついとかそういう世界とは少しずつ、違って感じれるようになってくる。

やり過ぎも怠けすぎもいけない。
中庸が大切である。

30年ほど前、北海道にいた頃半年ほどヨガを学んだ時のヨガニケタンの先生(療法士のヨガニケタンではない)は、迷ったらヨガスートラを読むと良いと教えてくれた。

うして聖人や聖典に書かれている事を頭ではなく心から理解していく、気づいていく。こうしてヨガは少しずつ上達していく。

オープンハートで心も体も楽に!前のページ

どこが違うの?紛らわしいポーズシリーズ1次のページ

ピックアップ記事

  1. しなやかに楽しむバランス
  2. KARADA harmony に込めた想い
  3. 運動不足解消に
  4. 新しいレッスン始まり
  5. ありのままの自分を感じて

関連記事

  1. hiroshiyano

    全ての人にヨガを

    「全ての人にヨガを!」これがヨガを教えていく上でのテーマの一…

  2. 桜の道

    hiroshiyano

    ヨガニドラー

    ヨガを独学で始めた時のことだ。本を1冊手に取り、寝る前にベッ…

  3. hiroshiyano

    豊かさを手に入れるためには

    「人と比べない」とヨガをではよく言う。だがそんな事はなかなかできない…

  4. hiroshiyano

    足を使う大切さ

    歳を重ねていくと膝が痛くなったり、腰が痛くなったりする。ヨガをしてい…

  5. hiroshiyano

    ホームページのリニューアル

    6年前にホームページをリカオン(今は社名を変更してしている)というS…

  6. hiroshiyano

    対角線

    足から学ぶ事は多い。足の上に身体が載っていて、土台になってい…

矢野 洋 先生 プロフィール

矢野 洋

アイアンガーヨガ公認指導員 ヒプノセラピーやクレニオ・セイクラルワーク、アバターコースなどに参加してヨガ以外の心と身体を癒す勉強をしてきました。 ヨガは独学で始めてから32年経ちました。

最近の記事

広告エリア

  1. Bowspring

    BOWSPRINGヨガって?
  2. Nico

    親子の自己肯定感を高めるヨガインストラクター
  3. yu-ki1

    まったりタイムは
  4. kyoko

    50歳からでも3分間のピラティス習慣でお腹痩せ 家庭教育学級
  5. yuko3

    秋分の日
PAGE TOP