hiroshiyano

アサナの基本(膝の引き上げ)

立ちポーズの練習からアサナは始まる。人間は2本足で立ち、その上に体が乗っかっているから足は土台になる。
足のバランスが悪いとその上は自然と歪んでいく。

立ちポーズでは先ず膝の引き上げを学ばなければならない。
膝を引き上げるとは大腿部を使っていく事である。
他の武術や運動でも大腿部は重要な要素の1つでヨガも同じである。

ただ身体が柔らかいだけのヨギーニ達はこの点を見落としてしまい、大腿部の前側に余分なお肉が沢山ついていたり外反母趾にみられるようなつま先重心になっている人達が沢山いる。

しかしただ膝を引き上げるだけでは、筋肉を固めてしまい逆に膝を痛めてしまう場合もある。

膝を引き上げるエネルギーは大腿部前側全体を引き上げ、骨を後方へと押し外旋することで脚が強く使えるようになっていく。

更に膝を引き上げるエネルギーと同時にふくらはぎを踵の方へと伸ばす事も重要なアクションになってくる。

足首は柔らかいがふくらはぎが固い人もよくいる。第二の心臓と呼ばれるこのふくらはぎの固さが意味するところは想像がつくだろう。
ふくらはぎを伸ばし床を押すというアクションは背骨を上へと引き上げ、膝を守ってくれる。

関節が柔らかい人には難しいかもしれないが膝や足首の過伸展を防ぎ関節を守る為にも必要な事である。
さらにこの足の強さが腹部を解放し女性特有の症状の緩和にもよい影響を与えていく。
足をしっかり伸ばす事ができて初めて、そのエネルギーは股関節、骨盤、背骨へと伝わっていき呼吸が深まりプラーナヤーマへとつながっていく。
アサナはその為の練習でもある。

スピリチュアル的に言うならば地球のエネルギーと繋がる為、グランディングに必要な練習である。

だから膝の引き上げは、ヨガをする上で基本のキになる。

とはいうもののヨガを始めた頃から先生に言われてきたが納得できずにずーっと避けてきた。
最近になってその大切さが、ようやくわかってきた。
自分の身体を通して理解するのには時間がかかるが、これがヨガを続けている楽しみの一つでもある。

瞑想って?前のページ

目線が決め手!? ポーズの形との関係次のページ

ピックアップ記事

  1. 寒い時こそ
  2. 妊娠出産にも効果的なピラティス。~妊娠編~
  3. 🌼咲くべき土で花開く🌼
  4. 【完全カスタムオーダーレッスン】で なりたい理想へ効果的…
  5. 某大手自動車メーカーなヨガ哲学

関連記事

  1. hiroshiyano

    ホームページのリニューアル

    6年前にホームページをリカオン(今は社名を変更してしている)というS…

  2. hiroshiyano

    俺の腰

    腰の骨が潰れたようになって変形してしまっている。レントゲンを見ながら…

  3. ラヴェンダー

    hiroshiyano

    ヨガの指針

    『ヨガは敷居が高いです』と、この前はじめて会った若い女性に言…

  4. 桜の道

    hiroshiyano

    ヨガニドラー

    ヨガを独学で始めた時のことだ。本を1冊手に取り、寝る前にベッ…

  5. hiroshiyano

    足を使う大切さ

    歳を重ねていくと膝が痛くなったり、腰が痛くなったりする。ヨガをしてい…

  6. hiroshiyano

    対角線

    足から学ぶ事は多い。足の上に身体が載っていて、土台になってい…

矢野 洋 先生 プロフィール

矢野 洋

アイアンガーヨガ公認指導員 ヒプノセラピーやクレニオ・セイクラルワーク、アバターコースなどに参加してヨガ以外の心と身体を癒す勉強をしてきました。 ヨガは独学で始めてから32年経ちました。

最近の記事

広告エリア

  1. 晴れた日の気持ちよさ

    yutakahashi

    出たら入ってくる
  2. himeno

    グレートバリアリーフから元気を発信
  3. aya5

    初めまして。
  4. minori

    初めまして。
  5. kyoko

    50歳からでも3分間のピラティス習慣でお腹痩せ 腕を動かす
PAGE TOP